Hファクター見積もり

Hファクターに見積もりをする前に知っておくべき3つのポイント

 

レセプト請求による診療報酬や介護報酬を活用したファクタリングを専門に行なっているHファクター。実際に見積もりをする前に知っておくべき3つのポイントをこのサイトではご紹介しています。

 

Hファクター見積もり|手数料はいくら?

 

手数料

 

医療機関や介護施設を対象にして専門にファクタリングを行なっているHファクター。実際にH・ファクターに見積もりを依頼する前に、もう一度確認しておくべきことをここではご案内いたします。

 

ファクタリングは融資や借り入れとは違って金利を長期間に渡って払う必要はありません。毎回ファクタリングを依頼する際に手数料を支払うという形になります。

この手数料はファクタリングを行なう金額に対して何%というものです。もし金額が大きければ手数料も高額になっていきますから、手数料がいくらなのかはとっても気にかかるところですよね。

では、ずばりHファクターの手数料はいくらでしょうか?

 

Hファクターの手数料は...

 

最安で1.5%~

 

となっています。

 

上限でも

 

3%未満を約束

 

しています。

 

実は一般的なファクタリングの手数料は、ファクタリング会社によって設定に大きな開きがあります。中には30%をとる所もあります。いくつかあるファクタリングの種類によって、手数料が大きく変わってきます。

 

そういった中でH・ファクターの手数料は、1.5%~3%と非常に低くなっています。

 

これは業界でも最安値と言えます。

 

 

ファクタリング会社のHファクター

 

Hファクター見積もり|金額の上限は?

 

上限金額

 

さて、手数料についてはよく分かりましたが、ファクタリングをする金額の制限はあるのでしょうか?

一般的には3000万円まで、5000万円までといったように上限を設定しているファクタリング会社が多くあります。

ではHファクターのレセプト買取の上限金額はいくらでしょうか?

 

Hファクターはレセプト買取の金額に上限を持たせてはいません。1億円でも2億円でも問題なく買い取ることができます。

 

Hファクターは買い取り金額の上限なし!

 

通常は買い取り金額に上限が設定されているのですが、なぜHファクターは上限なくファクタリングが可能なのでしょうか?

 

一般的なファクタリング会社の場合は、バックファイナンスと呼ばれるいわゆる金主がいます。そのバックファイナンスから低金利でお金を用意してもらって、それで会社を運営している訳です。

そしてそのバックファイナンスの規模や資金力が重要になってきます。その規模や資金力が豊富だからこそ上限を決めずに、いくらでも買い取ることができる訳です。

 

恐らくHファクターのバックファイナンスはかなり強力なのだと思います。ですので、上限なし!というのが可能なのだと予想されます。

 

事業拡大をしたい、新たに開業資金が必要だといった、少し高額なキャッシュが必要という場合には強い味方になりそうですね。

 

Hファクター見積もり|審査に通る?通らない?

 

審査に通るか通らないか

 

Hファクターにファクタリングの見積もりを取る前に、もう一つ気になることがあるとすれば、それは審査に通るの?通らないの?

ということではないでしょうか?

初めから審査に通らない可能性があるなら、見積もりをとったり問い合わせたりする時間ももったいないですよね。

 

Hファクターに見積もり依頼や問い合わせをしても、審査に通らない会社は実はあります。

それはどういう業種や会社でしょうか?

赤字経営や税金を滞納しているような場合でしょうか?

いいえ、Hファクターは赤字の会社も税金を滞納している場合でも、問題なくファクタリングを行なってくれます。

ではどういう場合が審査に落ちるのでしょうか?

Hファクターは買い取る債権を以下の業種や業態に限定しています。ですので、下記に該当しない場合は審査に通らないと言えます。

 

 

・医療法人

・病院やクリニック

・歯科医院

・老人ホーム

・高齢者専用住宅

・障がい者支援施設

・放課後等デイサービス

・その他介護施設

 

 

上記のようにHファクターは、医療と介護の分野で事業をしている方にのみ、ファクタリングサービスを行なっています。

いわゆる国保連や社保にレセプト請求を行なっている事業者が対象となります。

 

レセプト請求を行なっている事業者が対象

※ レセプト請求を行なっていても鍼灸医院などは対象になりません。

 

Hファクターはこのように取引をする業種を限定しているため、もし上記の業種に該当するなら見積もり依頼をして、素早く資金繰りを改善してみることができますね。

 

 

ファクタリング会社のHファクター

 

Copyright© Hファクター見積もり , 2020 All Rights Reserved.